同窓会を居酒屋で開くときのポイント

同窓会を居酒屋で開くときのポイント

かつて机を並べてともに勉強した仲間たちと久しぶりに再開するのが同窓会です。
照れくささと楽しみな気持ちが混在した状態で、同窓会に臨む方も多いと思います。

 

もし皆さんが同窓会の幹事に任命されたら、
旧交を温めるのに相応しい会場選びや司会進行を務めなければいけません。
同窓会の幹事になってから困らないために、今から準備しておきましょう。

 

会場としておすすめしたいのが、カジュアルさと高級感を兼ね備えた居酒屋です。
高級なホテルやレストランのように格式ばった場所でかつての仲間たちと会っても、
緊張してしまって何を話したらよいかわからなくなってしまいます。

 

緊張をすることなく、チープな印象も抱かれないお店。
まさに居酒屋がピッタリなのです。
 

 

出席者の好みに合わせながら、居酒屋で提供される料理やお酒を選んでいきましょう。
同窓会で重要なのは、郷愁を感じられるような演出です。

 

地元の料理や地酒を味わえるお店も良いですし、通っていた学校の近くにある居酒屋を選ぶと、懐かしさを感じられます。
同窓会における司会は、テキパキとした進行が不可欠です。

 

通常のイベントと同様に、司会の挨拶を済ませたら来賓の紹介、主催者や来賓の挨拶という流れで進んでいきます。
乾杯や歓談である程度の時間が流れたら、出席者の挨拶です。

 

来賓はもちろんのこと、かつてのクラスメイトであっても事前に挨拶をお願いしておくことを忘れないでください。
挨拶が終わったら、余興へと移ります。
学生時代に戻ったような気分で楽しみましょう。

 

ここまで来たら、メインイベントである恩師への花束贈呈になります。
感動的な音楽が流れるように、BGMなどを流せるように居酒屋側へお願いしておきましょう。
居酒屋での同窓会を盛り上げて、旧友たちと素晴らしい時間を過ごしてください。